忍者ブログ

先行機の三分の一の速度で接近中!

バンダイより微賛発売中のTCGガンダムウォーネグザのブログです。 主に自らのデッキ紹介と大会の記録を残していきたいですが、更新頻度は未知数です。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

敵地からの脱出

新プロモの敵地からの脱出つえーについて。
自分の国力に対する考え方について書いてみたいと思います。
おそらく、このブログはですます調と言い切り混交するかと思いますが気にせんといて。

1.起きているGの価値はフェイズが進むごとに落ちます。
自分が友達にクイックフェチと言われる理由がここです。やたら俺に変態と言ってくる人が一人いますけどあなたの方が変態ですので。
もしも相手ターンに相手の不本意な形で相手のGを寝かすことが出来れば自分のターンは必要最低限の国力でカウンターを気にせず展開出来、出撃も安心です。
そして相手ターンに備えるだけのGが残ります。

2.敵軍が攻撃に出れると判断した理由を考えると。
相打ちを取るため、一方殺を取れるため、本国へGO!!のどれかです。
いずれにしろこちらのユニットを破壊出来る目算があります。
本国へGOは大抵一方取れる状況でこちらが出ないという読みでしょうし。
相手にはそのための手段(場のカード、手札、国力)があり、ロールしてしまうユニットを除けば大抵の手段はそのままこちらの攻撃を止める手段として残ってしまいます。

自軍が防御に出撃することで相手の手段を吐き出させ、吐ききった所で全てをチャラに出来る敵地からの脱出。
実際に場のカードや手札との交換を取りながら、動くのに絶対に必要な国力も価値の高いうちにロストさせることの出来るのでうまく使えば悲痛な過去以上の働きが期待できます。

考察記事とかまじ緊張しますね。いったい何割が「何当たり前のことを」と思って残り何割が「まぁ、確認程度には」と思ってくれたのか。
これくらいでプレッシャー感じてしまうとは。セルジ撃ったバナージはどれだけのもんだったのかとか思っちゃいますね。フロンタル相手に殺る気まんまんだったし素質あったんかな?

PR

Comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Copyright © 先行機の三分の一の速度で接近中! : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]

管理人限定

カレンダー

02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

最新コメント

[09/13 りょーへー]
[09/13 nnc]
[06/28 ジュン]
[04/12 童貞たろう]
[03/03 りょーへー]

プロフィール

HN:
りょーへー
性別:
男性
自己紹介:
twitter:TheKomaeWalker
skype:TheKomaeWalker
ネグザプレイ大好きなんでいつでも凸希望ください。
第4回mixi twitter杯優勝
第1回赤服杯2位
第2回赤服杯2位
2014Nexaツアー長野大会Aブロック2位

ブログ内検索

P R

忍者カウンター