忍者ブログ

先行機の三分の一の速度で接近中!

バンダイより微賛発売中のTCGガンダムウォーネグザのブログです。 主に自らのデッキ紹介と大会の記録を残していきたいですが、更新頻度は未知数です。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

相互リンク追加

わーパチパチ
今回はホクトさんのネグザ日記さんです。
更新頻度が高く、新プロモなどの情報がかなり早いので要チェックのブログだと思います。

これからもよろしくですー!

PR

ex3カウントダウンレビューその3

デルタガンダム(ウェイブライダー)
青単Ζ希望の星じゃなかろうか。4G青3国見えてると、百式なくてもメガバズありきの動きを相手に強いることになるのも強そう。デルタガンダム本体よりも採用率は高くなってきそうに思います。デルタプラス(ミネバ・ラオ・ザビ搭載時)も待ち遠しいですね。

GNアーマー TYPE-D
Colaジンクスを軸にカードの組み合わせで焼きの火力を出してた緑赤において改装元含めてほぼフルタップのユニットをどう採用するか。構築がすごく難しそうです。出ちゃえば強いのは間違いなく、これまで積み重ねた焼きをインテ一枚で無効にされてたのに対し、破壊無効されても無駄にならないテキストは緑赤には嬉しいのではないでしょうか。type-Eも同程度の性能があるとすればコスト踏み倒しが充実していて、改装元がクイックを持っている青黒のほうが採用は無理なく行えそうです。

ex3カウントダウンレビュー その2

レビュー第二弾です。5時まで待てば今日のカード公開されますが今やっちゃいます。暇なんで。書いたら寝ます。

アストレイブルーフレームセカンドL
テキストは非常に好きです。改装含めてこのテキストを見せるというか、相手の手を先に出させた後使うパターンに持って行きたいですね。ちとイラスト野暮ったい?

ゲルググJ(シン・マツナガ機)
オグスゲルググといいゲルググは引きこもり系ですねゲルググ。オグスゲルググと違い交戦の条件が付いてる点の評価が難しそうです。クロスウェポンのRも気になるっちゃそうなんですがゲルググJ自身は基本配備だと思うのでそこまではゲルググ。

スメラギ・李・ノリエガ
非常にいいと思いました。2ターン目に貼るとゲーム通して8ー14点位の
回復を見込めます。加えて、2枚のうちから好きな方をドロー出来る、となると一枚のカードとして十分すぎると思います。青黒のマリガン基準になってもいいレベル。ただ、アド取れるカードが欲しいですね。トレミーも来るのかな?

カテゴリーF

兄弟デッキでは絶対目にしそうですね。あまり放置すると手札差と兄弟機のサイズ、強襲で圧殺されそうです。これガロード勝ち目ないだろ。

クロスボーン・ガンダムX3
ユニット単体としては非常にわかりやすい強さですね。カットイン用テキストとクロスウェポンの相性の悪さは使い所が難しいです。保険のために2払う余裕をつくれるのかどうか。プレイングの判断が難しそうです。

量産型ガンダムF91(ハリソン機)

他のシリーズがほとんど見えてこないので評価のしようがない!G減らないこの手のテキスト増えましたね。レッドフレームに敬礼!

ギラーガ(モードX)
不確定要素ではありますがそれは相手からしても同じこと。速攻持ちのこいつが出てきたら大抵のユニットは尻込みしちゃうはず。
チャンプすらも許さないなら強襲キャラとか乗せたいですね。

ゼハート・ガレット
3tアデルタイタス4tフラット、アデルタイタスにゼハート。これで決まりですね。

敵地からの脱出

新プロモの敵地からの脱出つえーについて。
自分の国力に対する考え方について書いてみたいと思います。
おそらく、このブログはですます調と言い切り混交するかと思いますが気にせんといて。

1.起きているGの価値はフェイズが進むごとに落ちます。
自分が友達にクイックフェチと言われる理由がここです。やたら俺に変態と言ってくる人が一人いますけどあなたの方が変態ですので。
もしも相手ターンに相手の不本意な形で相手のGを寝かすことが出来れば自分のターンは必要最低限の国力でカウンターを気にせず展開出来、出撃も安心です。
そして相手ターンに備えるだけのGが残ります。

2.敵軍が攻撃に出れると判断した理由を考えると。
相打ちを取るため、一方殺を取れるため、本国へGO!!のどれかです。
いずれにしろこちらのユニットを破壊出来る目算があります。
本国へGOは大抵一方取れる状況でこちらが出ないという読みでしょうし。
相手にはそのための手段(場のカード、手札、国力)があり、ロールしてしまうユニットを除けば大抵の手段はそのままこちらの攻撃を止める手段として残ってしまいます。

自軍が防御に出撃することで相手の手段を吐き出させ、吐ききった所で全てをチャラに出来る敵地からの脱出。
実際に場のカードや手札との交換を取りながら、動くのに絶対に必要な国力も価値の高いうちにロストさせることの出来るのでうまく使えば悲痛な過去以上の働きが期待できます。

考察記事とかまじ緊張しますね。いったい何割が「何当たり前のことを」と思って残り何割が「まぁ、確認程度には」と思ってくれたのか。
これくらいでプレッシャー感じてしまうとは。セルジ撃ったバナージはどれだけのもんだったのかとか思っちゃいますね。フロンタル相手に殺る気まんまんだったし素質あったんかな?

相互リンク追加その2

わぁぁぁああ!相互リンク追加その2
今回はうさぎんの奇妙なネグザのブログさんです。
記事更新頻度が非常に高く、構築の考え方やプレイングについてかなり突っ込んだ部分まで紹介してくれています。
勝見期限についての記事が特に興味深く、昨日紹介した自分の青赤UCに忌まわしき記憶を詰む判断も後押しされました。

結構プレイ地域近そうなんで大会なんかで会えたらと楽しみにしています。よろしくですー!

Copyright © 先行機の三分の一の速度で接近中! : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]

管理人限定

カレンダー

06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

最新コメント

[09/13 りょーへー]
[09/13 nnc]
[06/28 ジュン]
[04/12 童貞たろう]
[03/03 りょーへー]

プロフィール

HN:
りょーへー
性別:
男性
自己紹介:
twitter:TheKomaeWalker
skype:TheKomaeWalker
ネグザプレイ大好きなんでいつでも凸希望ください。
第4回mixi twitter杯優勝
第1回赤服杯2位
第2回赤服杯2位
2014Nexaツアー長野大会Aブロック2位

ブログ内検索

P R

忍者カウンター